八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

熊本地震で募金活動 八重高出身 避難帰省の大学生ら

募金活動で協力を呼び掛ける平田祐茉君、砂川笑美花さん、粟野真季さん、又吉萌さん、高那真莉子さん(右から)=20日午後、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場

募金活動で協力を呼び掛ける平田祐茉君、砂川笑美花さん、粟野真季さん、又吉萌さん、高那真莉子さん(右から)=20日午後、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場

市内20カ所で協力呼び掛け

 八重山高校出身で、熊本県の大学や専門学校に通う砂川笑美花(えみか)さん(九州看護福祉大学3年、20)ら5人が18日までに避難のために石垣に一時帰省しており、20日からJAファーマーズマーケットゆらてぃく市場で募金活動を行っている。大学が再開するまで石垣に滞在し、活動を行うほか、24日までファミリーマート八重山支庁前店やカラオケやいま3店舗など約20カ所に募金箱を設置して協力を呼び掛ける。

 学生は砂川さん、粟野真季さん(同2年、20)、又吉萌さん(同、19)=以上同県玉名市=、高那真莉子さん(熊本総合医療リハビリテーション学院2年、19)、平田祐茉君(熊本大学1年、18)=以上熊本市=の5人。19日に本島で発足した熊本沖縄県人学生有志「ゆいまーる」の石垣支部として活動している。

 21日も午後2時から同市場で募金活動を行う計画だが、22日以降の場所については「まだ決まっていない」(砂川さん)という。集まった募金はゆうちょ銀行の口座「熊本地震義援金」(記号番号:00940-0-174320)に振り込むことにしている。

 同支部の代表を務める砂川さんは「私の住んでいる所はそこまで被害はなかったが、場所によっては冷蔵庫が倒れたり、電子レンジが飛んだりして大変な家もあったようだ。現地は配送会社がパンクして人材不足に陥っており、物資の配送が滞っているのが現状。物資よりも義援金が必要と思い、活動を始めた」と話し、「九州には沖縄の人もたくさんいる。助け合いの心で募金してもらえたらうれしい」と呼び掛けている。

 最初の地震で震源に近かった熊本市中央区で被災した高那さんと平田君は「死を覚悟した」という。16日午前1時30分ごろの地震は縦にも横にも揺れ、その直後に停電。棚やレンジ、皿、テレビなどが倒れて割れるなどの被害があった上、連絡がすぐにつかず、主にラインでやりとりしたという。

 高那さんは「鍵は閉めてきたが、今1番心配なのは盗難や空き巣被害」と不安を募らせ、「少しでも多くの人を救いたい。ちょっとでもいいので協力をお願いします」と訴えた。平田君は「地震の現状を多くの人に知ってもらい、支援をお願いしたい」と話している。

  • タグ: 熊本地震募金活動八重山高校出身
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム