八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

熊本地震被災地に支援を 市内6店舗が活動開始

熊本の米焼酎「白岳」と「吟香鳥飼」(中央)をカウンターに置いて熊本への支援を呼びかける「アカハチ」の松永若菜店長=15日午後、石垣島ヴィレッジ

熊本の米焼酎「白岳」と「吟香鳥飼」(中央)をカウンターに置いて熊本への支援を呼びかける「アカハチ」の松永若菜店長=15日午後、石垣島ヴィレッジ

売上金の一部を熊本へ寄付

 熊本県で震度7の揺れを観測した地震から一夜明けた15日、石垣市内でも被災地への支援に向けた活動が動きだした。市内浜崎町の複合型商業施設「石垣島ヴィレッジ」に入居する飲食店6店舗は売り上げの一部を熊本に寄付することを決めた。熊本など九州各地の地酒を取りそろえる「アカハチ」の松永若菜店長(30)は「入居テナントで働く人の中には熊本や九州の出身者が多い。一緒に働く仲間と熊本を思い、地酒を通して支援したい」と話した。

 同施設の入居テナントには熊本や九州に関連店舗があるケースや、熊本など九州出身のスタッフも多い。このため、各店舗のオーナーは地震発生直後にLINEを使って全テナントスタッフに被災地支援を呼びかけた。

 その結果、6店舗で支援活動をスタートさせ、全テナントに広げていくことになった。各店舗に募金箱も設置する。集まった義援金は石垣市を通して熊本県に届ける予定。

 「アカハチ」では、15日から熊本の米焼酎「白岳」と「吟香鳥飼」の2銘柄を店内カウンターの前面に出してPR。松永店長は「多くの人が熊本のお酒を飲んでほしい。それが支援につながる。やれることはやっていきたい」と話した。

  • タグ: 熊本地震支援石垣島ヴィレッジアカハチ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム