八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3工場で今期操業終える 原料2万2301㌧、前期上回る

原料処理量の合計が2万2301㌧で操業を終えた竹富町内の3製糖工場。台風や長雨などが影響し全体的に低単収、低糖度だった=15年12月8日午後、西表糖業

原料処理量の合計が2万2301㌧で操業を終えた竹富町内の3製糖工場。台風や長雨などが影響し全体的に低単収、低糖度だった=15年12月8日午後、西表糖業

天候影響し低糖度に 西表・波照間・小浜

 八重山地区の2015/16年期糖業は5工場のうち12日までに竹富町内の西表糖業、波照間製糖、JAおきなわ小浜製糖工場の3工場の操業が終了した。原料の生産量は3工場合計で2万2301㌧。前期を2138㌧(10.6%)上回ったものの、前年の台風や病害虫被害などで10㌃当たりの単位収量が低迷した。また、甘しゃ糖度は14.38度~13.4度で、3工場とも昨年12月からの多雨・高温などでキビの登熟が遅れ、低糖度に終わった。石垣島製糖、JAおきなわ与那国製糖工場とも操業終了は5月にずれ込みそう。

 西表糖業は今期操業を3月31日で終了。操業期間は109日。原料処理量は約8718㌧で前期比917㌧(9.5%)の減。甘しゃ糖度は14.06度。

 製品歩留まりは12.76%で産糖量は1112.5㌧。収穫面積は約136㌶(前期比8.9㌶減)で、単収は6.408㌧(前期6.649㌧)だった。

 波照間製糖は11日で操業終了、操業日数は116日間。収穫面積198・9㌶(前期比10.79㌶減)、単収5.197㌧(前期3.49㌧)で、原料処理量は前期を3029㌧(41.4%)上回る1万339㌧。甘しゃ糖度は14.38度で前期を約0.5度下回った。

 製品歩留まり12.91%(前期13.43%)、産糖量は前期を353㌧上回る約1335㌧だった。

 JAおきなわ小浜製糖工場は7日に操業を終え、製糖日数は91日間。

 処理原料は3244㌧と前期から27㌧の微増。甘しゃ糖度は13.4度と前期の15.1度から1.7度下がった。

 製品歩留まりは11.07%(前期13.76%)、産糖量は359㌧で、歩留まり低下を受け、前期を84㌧下回った。

  • タグ: 西表糖業波照間製糖小浜製糖工場操業終了
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム