八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

2年連続全国6位 クルーズ船寄港回数

昨年、クルーズ船寄港回数が全国6位となった石垣港=3月11日午前、同港

昨年、クルーズ船寄港回数が全国6位となった石垣港=3月11日午前、同港

昨年は過去最高の84回 過去5カ年7位以内キープ

 2015年に石垣港に入ったクルーズ船の寄港回数は外航と国内を合わせて過去最高の84回となり、2年連続で全国6位だったことが国土交通省港湾局産業港湾課クルーズ振興室のまとめで分かった。県内の他の港では、那覇が115回で4位だった。外航クルーズ船だけでみると、石垣への寄港回数は79回となり、前年の3位(69回)から一つ順位を落として4位だった。寄港回数は増加したものの、全国の他の港で回数が増えたことが影響した。

 同振興室によると、石垣への寄港回数は過去5カ年間で全国7位以内を維持。13年には65回となり、那覇の56回を抜いて3位を記録している。

 クルーズ船で入国した外国人旅客数は全国で、13年は約17万人、14年は約41万人と推移し、15年には前年比2.7倍の約111万人。寄港回数は965回で、国内も含める1452回となり、いずれも過去最高。外国人旅客数の伸びは、円安や訪日ブームによるもの。

 外航と国内の寄港回数では、14年に国内551回に対し、外航が653回となり、初めて国内を上回っていた。

 同振興室によると、15年の港ごとの寄港回数は▽1位=博多(259回)▽2位=長崎(131回)▽3位=横浜(125回)▽4位=那覇(115回)▽5位=神戸(97回)▽6位石垣(84回)。

  • タグ: クルーズ船
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム