八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新機材、15日から運航 RAC

地元関係者にお披露目されたRACの新機材DHC―Q400CC(カーゴコンビ)=3月18日午後、与那国空港

地元関係者にお披露目されたRACの新機材DHC―Q400CC(カーゴコンビ)=3月18日午後、与那国空港

物流はより円滑に

 琉球エアーコミューター(RAC)の新機材DHC―Q400CC(カーゴコンビ。50席)は15日から就航することが分かった。広報によると、同日から那覇→石垣→与那国→石垣→那覇の航路で運航。与那国空港では午後6時10分着、同6時35分発の最終便運航となる。8月中に2号機が投入され、与那国空港発着4往復8便のうち3往復6便が新機材での運航となる。

 RACは現在、Q100(39席)4機、Q300(50席)1機の計5機で運航。16年度から17年度末にかけて5機すべてをQ400CCに順次更新する予定だ。

 新機材は、座席数ではQ300と変わらないが、前後の座席の間隔が88.9㌢とQ300の81.3㌢より7.6㌢広く、ゆったりとした座席空間を確保。シートカバーは、なめらかな本革仕様となっている。

 最大の特徴は貨物室の広さ。23.4立方㍍の容積があり、現行機の約2.6ー2.8倍に拡大、最大積載可能重量は2592㌔で、約2.4ー2.9倍に増える。

 RACによると、貨物室の大型化により、ダイビングや釣り、サイクリングなどを目的とした観光客の誘致、地元特産品の航空輸送、離島向け生鮮品の輸送が同時に対応可能となり、「より便利な航空物流ネットワークの具現化に寄与できる」としている。

 特に与那国町では、ジェット機の撤退でカジキの航空輸送に支障を来している。カジキ漁は11月ー2月にかけてピークとなるため、来期から新機材の威力が発揮されるものとみられる。

地図
  • タグ: 与那国空港
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム