八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キビ糖度「異常な状態」 過去に例ない12.20度

糖度が低くなっている今期産のサトウキビ。石垣島製糖(奥)の砂糖歩留まりも低下している=4日午後、石垣市名蔵

糖度が低くなっている今期産のサトウキビ。石垣島製糖(奥)の砂糖歩留まりも低下している=4日午後、石垣市名蔵

石垣島製糖15~16年期 農家収入に懸念も

 昨年12月19日に操業を開始した石垣島製糖㈱(松林豊代表取締役社長)の2015/16年期製糖は3日現在、買い入れサトウキビの糖度が12.20度と過去に例のない低さとなっており、原料に対する砂糖歩留まりも10%を割り込む見通しとなっている。前期と比べ糖度は14.48度から2.28ポイント、歩留まりは11.71%から1.71ポイント以上のダウン。今後、同社の売り上げや農家の手取りに影響が出てくるのではないかと懸念されている。

 同社によると、低糖度は、昨年の台風被害から復活したサトウキビが秋口の高温のために糖分が失われたためとみられるという。低糖度に伴い砂糖歩留まりも低下している。

 今期製糖で同社は原料搬入量を当初の約7万8000㌧から7万7500㌧に下方修正。3日現在、66%に当たる5万5000㌧が搬入された。

 当初は3月30日で操業を終了する予定だったが、1月の長雨による影響で原料の搬入が計画通りに進んでいないため、5月初めまでずれ込む見通し。

 松林社長は4日午後、市役所を訪ね、中山義隆市長に製糖実績の中間報告を行い、「黄金週間までには操業を終わらせたい。春植えなどのスケジュールもあるので、できるだけ早く処理できるようにしたい。ことしの製糖は糖度が上がらず、異常な状態とみている」などと話した。

  • タグ: 石垣島製糖キビ糖度
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム