八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今季初の本マグロ揚がる 過去最大級、413キロ

今季初の水揚げとなった413.8㌔の本マグロと釣り上げた田中船長(中央)=30日午前、八重山漁協

今季初の水揚げとなった413.8㌔の本マグロと釣り上げた田中船長(中央)=30日午前、八重山漁協

天心丸の田中船長、約5時間格闘

 八重山漁協(上原亀一組合長)所属の天心丸(田中博幸船長)が30日午前、今季初の重さ413.8㌔、体長267㌢の本マグロ(クロマグロ)を水揚げした。同漁協によると、過去最大級とみられる。

 田中船長は「メバチなどを狙った仕掛けで、糸も細かったが、無事に揚げることができて良かった」と笑顔をみせた。水揚げされた本マグロは31日に本土市場に出荷される予定。

 港では今季初の本マグロの水揚げを聞きつけた漁師や近隣住民が詰めかけ、大物の水揚げに歓声が上がった。

 本マグロ漁は5月上旬をピークに6月上旬まで続く。

 同漁協によると、昨年の本マグロの漁獲数は89本と平年より少なく、平均重量も186㌔と平年を下回った。一方で約380㌔の大物も揚がり、本土市場では1㌔約1万円の高値が付いた。

 天心丸は27日夕に出港し、30日午前5時ごろに石垣島の南約30マイルの漁場で釣り上げ、同日午前10時ごろに帰港した。

 同船はマグロはえ縄漁船。メバチやキハダを対象に漁を行っていたが、回収した仕掛けに本マグロがかかっていた。

 予想外の大物に、ワイヤが切れるなどのアクシデントがあったが、約5時間かけて船に引き揚げた。

  • タグ: 本マグロ(クロマグロ)八重山漁協天心丸
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム