八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

事故から回復、再び空へ カンムリワシを放鳥

交通事故から回復し、放鳥されたカンムリワシ(環境省西表野生生物保護センター提供写真)

交通事故から回復し、放鳥されたカンムリワシ(環境省西表野生生物保護センター提供写真)

西表野生生物保護センター

 【西表】西表野生生物保護センターは30日午前、交通事故に遭い保護されていたカンムリワシの成鳥1羽を西表島高那リサイクルセンター付近で放鳥した。

 同個体は今年2月2日に西表島高那の県道で交通事故に遭い、飛べない状態で発見されたが、同センターで保護し、NPO法人どうぶつたちの病院沖縄で診察、治療した結果、野生復帰が可能と判断された。

 放鳥された個体の左足には個体識別用の金属リング(青色・印字X)を装着。

 西表島では今年に入り、今回放鳥した個体を含むカンムリワシ2羽が輪禍に遭い、2羽とも回復して放鳥している。

 石垣島では今月22日にカンムリワシが交通事故で死んでいる。春先はカンムリワシの繁殖シーズンで、道路沿いに出現する頻度が増えることが予想されていることから、同センターでは車の運転時にはスピードの出しすぎに注意するよう呼び掛けている。

 また、西表島でカンムリワシの傷病個体や死体を発見した場合は、同センター(0980−84−7130)に連絡するよう話している。

  • タグ: カンムリワシ西表野生生物保護センター
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム