八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新火葬場が落成し内覧会 施設名「やすらぎの杜いしがき斎場」

新たに完成した火葬場「やすらぎの杜いしがき斎場」=27日午後

新たに完成した火葬場「やすらぎの杜いしがき斎場」=27日午後

 旧火葬場の南側に建設された石垣市の新しい火葬場「やすらぎの杜(もり)いしがき斎場」の落成・内覧会が27日午後、同施設で行われた。4月1日に供用開始される。同施設は「旅立つ故人の尊厳」や「見送る人の心」を大切にする空間などをイメージし、広々とした炉前ホールやエントランス、告別ホール、畳部屋を含む待合室2室を整備。火葬炉は3基あり、火葬から収骨までにかかる時間は、旧施設での約4時間から大幅に短縮され、約1時間半となる。

 旧火葬場は1968年に整備され、老朽化が進んでいたため、市は2011年度から新施設の整備に着手。総事業費約8億2688万円のうち、約5億4908万円は一括交付金。敷地面積は5085.01平方㍍。延べ床面積1405平方㍍の鉄筋コンクリート造り一部2階建て。

 使用料は「市内」「市外(竹富町、与那国町)」「その他(八重山地区以外)」の3分類。市内の場合は12歳以上の遺体でこれまでの1万2000円から県内他市町村と同程度の2万3000円となる。

 中山義隆石垣市長は式典で「火葬場のイメージを明るくし、近代的な施設になった。深い悲しみのなかでも遺族の皆さんが故人を偲び、追想の場として利用してもらえるよう、管理運営に万全を期していきたい」とあいさつした。 

 式後には、内覧会も行われ、夫婦で訪れた登野城の男性(69)は「まるでホテルやレストランみたいできれいだ」、平得の女性(52)は「以前の火葬場は冬場は寒かったが、新しい施設は暖かく、待合室も広くて過ごしやすそう」と感想を述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム