八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣第二、全日本大会へ 決勝完封、初優勝飾る

沖縄海邦銀行杯争奪中学校軟式野球大会で初優勝した石垣第二中学校野球部=27日午後、南城市の新開球場

沖縄海邦銀行杯争奪中学校軟式野球大会で初優勝した石垣第二中学校野球部=27日午後、南城市の新開球場

中学軟式野球

 【南城】第23回沖縄海邦銀行杯争奪中学校軟式野球大会(県野球連盟主催)最終日は27日、南城市の新開球場で準決勝と決勝を行い、石垣第二が初優勝した。石垣第二は8月14日から横浜スタジアムで行われる第33回全日本少年軟式野球大会への出場権を手にした。

 石垣第二は山田侑弥投手と豊川想大投手の二枚看板で仲西(浦添)との決勝戦を制した。山田投手は打撃でも活躍し、一回表の2死一、三塁から左中間を破る二塁打を放ち、決勝点となる2点を先制。投げては三回まで一人の出塁も許さない完璧な投球を披露した。四回から登板した豊川投手もストライク先行の投球で仲西打線を抑えこんだ。

 初回の二塁打について山田投手は「絶対にランナーをかえす気持ちだった」と話した。大嶺吉生監督は「積極的な試合運びだった。(優勝は)子どもたちのおかげ」と喜んだ。

 新城安紋主将は「初めての全国大会に向けて練習を積み、集中力を切らさないようにして全力で戦う」と力強く決意を語った。

 ▽準決勝

石川(うるま)

0000000−0

050000×−5

仲西(浦添)

(石)兼島、當山、島袋−島袋、兼島

(仲)国吉−宮城

▽二塁打=仲宗根(石)

石垣第二

3000010−4

0000003−3

沖縄東(沖縄)

(石)山田、豊川、下地翼、豊川−下地敦

(沖)喜友名、与那嶺−桑江

二塁打=西里(石)、渡慶次(沖)

 ▽決勝

石垣第二

2000000−2

0000000−0

仲西

(石)山田、豊川−下地

(仲)宮城−平良

▽二塁打=山田(石)

  • タグ: 石垣第二中学校野球部沖縄海邦銀行杯争奪中学校軟式野球大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム