八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カジキ8本の積載可能 RACが新機材内覧会

機体を見学した後、記念写真に納まる関係者ら=18日午後、与那国空港

機体を見学した後、記念写真に納まる関係者ら=18日午後、与那国空港

与那国空港

 4月から与那国空港に就航する琉球エアーコミューター(RAC)の新機材Q400CC(カーゴ・コンビ、50人乗り)の内覧会が18日午後、与那国空港で行われた。外間守吉町長と町議、経済関係者ら25人が見学、「座席がゆったりしている」「貨物室が広い」などの声が上がった。

 JTAと同社の名渡山秋彦離島先島地区支配人によると、新機材は1号機が4月中旬から最終便の石垣→与那国→石垣、2号機が8月初旬から初便の那覇→与那国→石垣→与那国→那覇で就航する。これにより、与那国発の便は4便中3便が新機材となる。

 RACによると、貨物室は現行機材の2.5倍に当たる23.4立方㍍。カジキを入れる段ボール箱を効率よく積めるよう改造した。客室内も前の席との幅が88.9㌢と現行機材より14.9㌢広くなっている。

 与那国町漁協の嵩西茂則組合長は「スペース的にもいいくらいだと思う。高さも2㍍くらいあるので動かしやすく、効率よくカジキを積めると思う。重量の関係で変動があるということだが、最大8本積めるのもいい」と期待した。

地図
  • タグ: 琉球エアーコミューター(RAC)与那国空港
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム