八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

幸也の五輪出場に両親歓喜

新城幸也選手の2大会連続五輪出場について話す父親の貞美さん(右2人目)とるみ子さん(その左)。左端は新城幸也八重山後援会の平田勝男会長、右端は八重山自転車競技連盟の長谷川毅彦会長=17日午後、登野城の新城さん宅

新城幸也選手の2大会連続五輪出場について話す父親の貞美さん(右2人目)とるみ子さん(その左)。左端は新城幸也八重山後援会の平田勝男会長、右端は八重山自転車競技連盟の長谷川毅彦会長=17日午後、登野城の新城さん宅

父「やってきたこと実を結んだ」 母「皆の支えあらためて感じた」

 新城幸也選手が2大会連続の五輪出場を決めたことについて、父親の新城貞美さん(61)は17日午後、石垣市登野城の自宅で「代表に選ばれてほっとしている。2月に骨折して心配していた。先を見通しての選出だと思う」と喜びを語った。母親のるみ子さん(56)は「弱音を吐かない子。うまくいってるとしか言わない。骨折しているのに選んでもらえてうれしい。皆に支えられているんだなとあらためて感じた」と感極まった表情をみせた。

 2人はマスコミからの電話で幸也選手の代表選出を知り、貞美さんは「幸也はロンドン五輪が終わった直後から、次も出ると断言していた。計画通りやってきたことが実を結んだ」と安堵(あんど)の表情。

 ともに代表に選ばれた内間康平選手については「いろんなレースで一緒に走り、気心も知れている。同郷の2人なのでやりやすいのでは」と期待を寄せる。

 貞美さんは2月19日に東京で幸也選手を見舞っており、「大きなけがをして、落胆していると思ったら、明るく振る舞っていた。前向きにリハビリに取り組んでいた」と話した。

 八重山自転車競技連盟の長谷川毅彦会長は「実力的には当然。けががあって心配していたが、決まってよかった。五輪では本人が納得のいく状態で臨めることを祈っている」と話した。

 新城幸也八重山後援会の平田勝男会長は「ロンドンは22人で応援に行った。早めに調整して祝賀会を開催したい」と述べた。

  • タグ: 新城幸也五輪
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム