八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「住民参加が重要」

世界自然遺産をテーマにした講演を聞く人たち=12日夜、中野わいわいホール

世界自然遺産をテーマにした講演を聞く人たち=12日夜、中野わいわいホール

世界自然遺産登録に向け課題挙がる
IUCN吉田会長が講演

 【西表】環境省那覇自然環境事務所の講演会「知ろう!学ぼう!世界自然遺産」が12日夜、中野わいわいホールで開かれ、国際自然保護連合(IUCN)日本委員会の会長を務める吉田正人氏(筑波大学人間総合学科研究科教授)が「世界自然遺産だけでなく、地域の文化的な遺産や生活を大切にしていくためにも、住民がルール作りに参加することが重要」と述べた。

 会場には観光関係者や地域住民など約100人が集まり、吉田氏は、政府が目指している2018年の奄美・琉球世界自然遺産登録に向けた課題として国立公園の拡張を挙げ、「保全するための十分な面積を有することで、将来にわたって重要な生息域を守っていける」と説明。

 西表自然保護事務所の相原百合保護官は国立公園について「『国立公園イコール立ち入り禁止』ではない。地域によって規制のランクはあるが、自家用の部分はある程度これまで通りのことが行える」と述べた。

 参加者からは「イノシシ猟はできるのか」との質問があり、相原保護官は「イノシシ猟を行っている地域は保護地区から外している。従来通りイノシシ猟ができる」と答えた。

 「住民への説明が不十分」、「ランク付けや基準が分かりづらい」などの意見もあった。

  • タグ: 世界自然遺産
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム