八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

井岡が石垣でキャンプ ボクシング

国内最多の13度の連続防衛記録を持つ具志堅用高さんの偉大さを肌で感じたと話す井岡一翔=7日午後、具志堅用高記念館国内最多の13度の連続防衛記録を持つ具志堅用高さんの偉大さを肌で感じたと話す井岡一翔=7日午後、具志堅用高記念館
記念館で具志堅の偉大さ実感

 世界ボクシング協会(WBA)世界フライ級王者の井岡一翔(26)が、偉大なボクサーとして尊敬する具志堅用高さんのふるさと、石垣島で6日からキャンプを行っており、7日には新川の具志堅用高記念館を訪れた。13回の国内最多連続防衛記録に「具志堅さんのすごさを肌で感じた。チャンスにたたみかける具志堅さんのファイティングスピリッツを見習いたい」と刺激を受けた様子だ。

 井岡が所属する井岡ボクシングジム(井岡一法会長)の石垣島キャンプは初めて。井岡さんらボクサー8人を含む総勢12人が9日まで滞在する。

 井岡の父、一法会長は「息子は具志堅さんを尊敬しており、具志堅さんにもかわいがってもらっている。具志堅さんのふるさとでキャンプできることに感激している」と話した。

 井岡はこの日午前、宿泊先の海浜で走り込みを行った後、午後から記念館へ。ビデオやトロフィーなど防衛記録を伝える品々を見た。

 「具志堅さんは伝説のボクサーだと思う。13回の防衛記録を打ち立て、世界に君臨する魅力を伝えてくれた」と偉大さをあらためて実感。目標とする防衛回数を問われると、「12回」と敬意を払った。

 記念館を管理する具志堅さんの姉、宮里圭子さん(62)は「現役の世界チャンピオンが来たのでびっくりした。まだ若いので用高の13回の記録を乗り越えてほしい」とエール。

 井岡は5月ごろに3度目の防衛戦を控えており、「ボクシングの魅力、強くなった僕の姿を感じてもらいたい。大きな試合がいつ決まってもいいように、心身ともに準備していきたい」と話した。

地図
  • タグ: 具志堅用高井岡一翔
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム