八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「不注意火災に気をつけて」 春の予防運動

防火パレードで火災予防を呼びかけるあまかわ幼稚園の園児ら=1日午後、ユーグレナモール

防火パレードで火災予防を呼びかけるあまかわ幼稚園の園児ら=1日午後、ユーグレナモール

出発式で園児らが防火の訴え

 「無防備な 心に火災がかくれんぼ」を統一防火標語に春季火災予防運動が1日、全国一斉にスタートした。石垣市消防本部(大工嘉広消防長)では同日午後、同本部で出発式を行ったあと、ユーグレナモールをパレードし、幼年消防クラブに所属しているあまかわ幼稚園の園児37人と石垣市女性防火クラブのメンバー約20人が、市民に火災予防を訴えた。

 同本部によると、2015年の火災発生件数は27件。負傷者は2人で損害額は2848万6000円。内訳は建物12件、車両5件、林野3件、その他7件。出火原因の1位はごみ焼きと無断火入れだった。

 出発式で大工消防長は「火災は人の不注意によるものが多い。つい、うっかりをなくすことが大事。火災予防を市民に広く呼びかけ火災の減少、被害の軽減を図りたい」とあいさつした。

 石垣市女性防火クラブの西表直子会長は「火災警報器を設置していない家が多く、危機感を持ってほしい。この時期は乾燥していて火災が起こりやすい。早めに設置してほしい」と訴えた。

 県消防協会八重山地区支部の田場由盛支部長は「時代の移り変わりとともに、消防の果たす役割も複雑化、高度化、多様化している。消防団を中心とした地域防災力の充実強化などが重要になる」と述べた。

 新垣能一団長は「石垣市から火災がなくなるよう、しっかり広報していきたい」と決意を示した。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム