八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新川小が2年連続1位 沖縄花のカーニバルで県知事賞

沖縄花のカーニバル2016花メッセージコンテストで2年連続の県知事賞に輝いた新川小学校=24日午前、同校

沖縄花のカーニバル2016花メッセージコンテストで2年連続の県知事賞に輝いた新川小学校=24日午前、同校

 県内の学校の校門や周辺の花の飾りつけやデザインを表彰する「沖縄花のカーニバル2016花メッセージコンテスト」(県、沖縄観光コンベンションビューローなど主催)で、新川小学校(漢那憲吉校長、児童449人)が2年連続で1位に当たる県知事賞に輝いた。同校は2014年に2位に当たる同ビューロー会長賞も受賞しており、3年連続の入賞。

 同コンテストは県内各校の校門と周辺への花植えを呼びかけ、フラワーアイランドとしての郷土づくりを目指すことが目的。今回は県内11校から応募があった。

 同校は「夢汗チャレンジ花の島」のテーマで、花の島からサバニで大海原へ船出する様子を表現。

 夏休みから教職員や児童らが準備を進めてきたテランセラ(縁取り草)約1800鉢は児童の合言葉「夢・汗・チャレンジ」や「あらかわ」の花文字、魚の絵などに利用。マリーゴールドやインパチェンス、オリヅルランなど約30種類の草花ではアートを制作した。

 同校環境整備主任の友利治教諭は「長雨や日照不足、寒さが続き、サルビアやインパチェンスなどが苗の段階で虫の被害を受けた。まさか2年連続で受賞できるとは。頑張ってきた成果を児童や保護者、地域の方々に見てもらいたい」、運道恵理子教諭は「漢那校長が退職される最後の年に受賞できて本当によかった」と喜んだ。

 自身としては前任校の竹富小中学校を合わせて6年連続の入賞となる漢那校長は「(友利教諭ら)二人をはじめ教員や児童がとても頑張ってくれた。無理なくできる範囲で今後も取り組みを続けてほしい」と期待した。

地図
  • タグ: 沖縄花のカーニバル2016花メッセージコンテスト新川小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム