八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山への来訪意向86% 理解度高めるPRが課題

クルーズ船で石垣島を訪れる外国人観光客。県の調査では、八重山の魅力を伝えると来訪意向が高まることが分かった=2014年2月3日午後、石垣港

クルーズ船で石垣島を訪れる外国人観光客。県の調査では、八重山の魅力を伝えると来訪意向が高まることが分かった=2014年2月3日午後、石垣港

国内外の個人旅行層 昨年度県のウェブ調査

 県が国内外の個人旅行層を対象にウェブ上で調査を行ったところ、八重山諸島がどのようなところか理解している割合は15%以下と低いものの、多様で個性あふれる島々の魅力を紹介した後の来訪意向が30%台から80%台に大きく上昇したことが分かった。一般社団法人八重山ビジターズビューロー(YVB)は「今後、理解度を高めるようなプロモーションを行うとともに、島々のストーリーをつくっていく必要がある」(事務局)としている。

 ウェブ調査は、県観光振興課が2015年度の離島観光マーケティング戦略事業として昨年11月から12月にかけ、国内8エリアと台湾、香港、韓国、米国、豪州、英、仏、独の8地域・国を対象に実施。年に1回以上海外旅行に行き、一定レベルのホテルに宿泊する個人旅行層から3200サンプル(国内1600、海外1600)を回収、速報結果をまとめた。

 それによると、八重山諸島を知っている人は53.5%、理解している人は13.8%、好意を持っている人は30.9%、来訪したいと思っている人は32.4%の割合となった。

 その上で「多様な個性あふれる、秘境の島々」とのタイトルで▽400種類のサンゴの生息数を誇る広大なサンゴ礁海域▽亜熱帯の秘境を満喫できるアクティビティ▽時が立つのも忘れる満天の星空ショー▽マラソンなどのスポーツや伝統芸能体験を通した地域住民とのふれあい—を主な内容とする八重山諸島のコンセプトを提示すると、来訪意向が86.0%に高まった。

 台湾では「星空ショー」、欧米では「美しい砂浜ビーチ」「広大なサンゴ礁海域」が高い評価を受けた。

 旅行する際に重視する点を聞いたところ、台湾や香港では「おいしい食事(ローカルフード)が味わえる」が最も高く、欧米ではホスピタリティ(おもてなし)を重視する傾向が出た。

 台湾からはクルーズ船で多くの観光客が来島しており、八重山ならではの食事をさらにPRしていくことが求められそうだ。 

 YVB事務局の濱田智佳子氏は「多様で個性あふれる島々が魅力になっている。だからこそ『八重山諸島』を売っていくことが重要になる。調査結果を今後の取り組みに生かしたい」と話している。

  • タグ: 八重山ビジターズビューロー個人旅行八重山諸島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム