八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

桐生の石垣合宿始まる 五輪目指し新入生らと練習

トレーニングをする桐生祥秀(中央)ら東洋大陸上部のメンバー=17日午前、石垣市中央運動公園陸上競技場

トレーニングをする桐生祥秀(中央)ら東洋大陸上部のメンバー=17日午前、石垣市中央運動公園陸上競技場

東洋大陸上部

 陸上男子100㍍で日本歴代2位の10秒01の記録を持つ桐生祥秀(21)が所属する東洋大学陸上部(梶原道明監督)の石垣島合宿が17日、石垣市中央運動公園陸上競技場で始まり、4月に入学予定の新入生を含む22人がトレーニングを行った。

 同部は沖縄ではこれまでに何度も合宿を行っているが、石垣島は初めて。桐生と400㍍のウォルシュ・ジュリアン(19)が、同競技場で24日から始まる日本陸連短距離の合宿に加わるため、日本陸連と同じ競技場でトレーニングすることにした。

 梶原監督は「シーズン前にスピードを上げるトレーニングをする。暖かい場所で選手がそれぞれ目指す動きに近づけるようなトレーニングをしたい」と話した。

 五輪出場を目指す桐生については「オリンピックを狙うという気持ちはしっかりしているので、それが生活のいろんなところに現れている。いい練習ができている」と評価した。

地図
  • タグ: 桐生祥秀東洋大陸上部石垣合宿
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム