八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

YVB、釣り層の誘客を開始 冬場観光の目玉と期待

「フィッシングショーOSAKA2016」で誘客活動を展開するYVB職員ら=5日、午後インテックス大阪(YVB提供)

「フィッシングショーOSAKA2016」で誘客活動を展開するYVB職員ら=5日、午後インテックス大阪(YVB提供)

大阪で八重山の魅力PR

 冬場観光の新たな客層の掘り起こしに、八重山ビジターズビューロー(YVB、高嶺良晴理事長)が「釣り層」をターゲットにした誘客に乗り出した。YVBは、5~7日までインテックス大阪(大阪市)で開催された国内最大級の釣りイベント「フィッシングショーOSAKA2016」(大阪釣り具協同組合主催)に初出展、八重山の釣りの魅力をPRした。YVB担当者は「冬場の誘客に『コア層』を狙い、リピーターの獲得につなげたい」と期待している。

 同イベントには国内の釣り具メーカーや関連企業など151社が出展。3日間で5万3000人余りが来場した。

 夏と冬の入域観光客の平準化を模索するYVBは、冬場観光の中核を担う新規客層を取り込もうと同展に出展。八重山で釣れる魚やポイント、フィッシングイベントなどを紹介する「八重山諸島フィッシングパンフレット」を独自に2000部作成、配布した。

 イベントブースには、ミス八重山の大底いろはさんや与那国町漁業協同組合、YVBの職員を派遣。7月に与那国島で開かれるカジキ釣り大会を中心にアピールした。

 YVB担当者は「八重山の冬は本土と比べて暖かい。季節にあった釣り体験と地元観光を発信したい。冬場観光の底上げにつなげたい」と話している。

  • タグ: 八重山ビジターズビューロー冬場観光釣り
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム