八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

緊張走るも、異常なし ミサイル通過、「非常に迷惑」

Jアラート(全国瞬時警報システム)の内容を確認する中山市長(中)ら=7日午前9時40分すぎ、石垣市役所

Jアラート(全国瞬時警報システム)の内容を確認する中山市長(中)ら=7日午前9時40分すぎ、石垣市役所

 北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射実験に備え、航空自衛隊の地対空誘導弾(PAC3)が配備された南ぬ浜町(新港地区)の現場では、全国瞬時警報システム(Jアラート)の起動直後、約45度の角度で北側に向けられたPAC3は微動だにしなかったが、隊員2人と車両1台が動く様子が確認されるなど緊張が走った。一方、PAC3のすぐ前の航路では船舶が行き交う日常の光景が広がり、市民生活に影響はなかった。

 弾道ミサイルが通過した後、陸自や海上保安庁が石垣島や周辺離島を上空から調査、異常は確認されなかった。石垣市は同日午前10時48分、「石垣島地方に異常などは確認されなかった」と安全宣言を行った。

 中山義隆市長は、北朝鮮のミサイル発射実験が今回を含め過去3度、南西諸島向けに行われたことについて「非常に迷惑。市民の不安も高まる。今後、このようなことが一切ないよう政府は北朝鮮に毅然(きぜん)とした態度で臨んでもらいたい」と述べた。

 市は同日午前6時半から防災担当職員ら十数人を配置、市役所に詰める自衛隊員と連携して情報収集に当たった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム