八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

粗糖900㌧を初出荷 長雨の影響で遅れる

「一心丸」に積み込まれる粗糖。甘い香りが漂った=5日午前、石垣港

「一心丸」に積み込まれる粗糖。甘い香りが漂った=5日午前、石垣港

石糖 北九州の製糖会社向け

 昨年12月19日に今期操業を開始した石垣島製糖㈱(松林豊社長)は5日、製品化した粗糖(分蜜糖)900㌧を初出荷した。当初は1月15、16日の初出荷を計画したが、長雨による影響で十分な原料を確保できなかったため延期した。製糖終了日も当初の3月30日から4月中旬に修正した。

 今期のサトウキビ生産量は7万8343㌧、粗糖生産量は9417㌧を見込んでいるが、同社によると、操業開始以降の製糖期間40日のうち24日しか工場が稼働しておらず、圧搾量は1日当たり880㌧の計画量の47%にとどまっている。初出荷量も計画の1500㌧を下回った。

 初出荷された製品はトラック8台で石垣港に運ばれ、琉球海運㈱の「一心丸」に積み込まれた。6日に出港し、同日出荷分と合わせて1250㌧(約2億円)を北九州市の関門製糖㈱に荷揚げする。

 初荷式が同日午前、石垣島製糖会議室で行われ、松林社長は「気候のせいにしてもしょうがない。農家が作ったサトウキビを間違いなく製品にする。来週から天候も良くなるとの予報もあり、前向きに進んでいきたい」とあいさつ。トラックの運転手を代表して真栄里昌伸さんが安全運転を宣言した。

  • タグ: 石垣島製糖粗糖初出荷
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム