八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

あす新八重山病院起工式 旧石垣空港跡地内

石垣市消防本部から見た新八重山病院の建設地(中央から奥。右側は石垣空港線)。3日に起工式が行われる=1日午後

石垣市消防本部から見た新八重山病院の建設地(中央から奥。右側は石垣空港線)。3日に起工式が行われる=1日午後

開院は2017年度中

 新八重山病院建築工事の起工式が3日午前10時から石垣市真栄里の旧石垣空港跡地内で行われる。建築工事は昨年9月と同年11月の入札が不調となり、同年12月の3度目の入札で落札業者が決まり、着工に向けて業者が準備を進めてきた。着工時期がずれ込んだものの、県病院事業局では、当初の予定通り2017年度中の開院を目指すとしている。

 県病院事業局県立病院課によると、建物工事は建築、空調、電気、衛生で発注総額は99億6905万円。内訳は建築(4工区)64億4652万円、空調13億7499万円、電気13億2134万円、衛生8億2620万円で、それぞれJV(共同企業体)が請け負う。

 敷地約4万平方㍍のうち1万平方㍍に鉄筋コンクリート造り地上5階建てを整備。延べ床面積は2万3200平方㍍。病床数は302床。内科や外科、脳神経外科、歯科口腔(こうくう)外科など23の診療科目がある。

 起工式は、請負業者で組織する工事施工協力会が主催。関係者ら約100人の出席を予定している。

  • タグ: 新八重山病院起工式
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム