八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

以前この欄で書いた地区軟式野球大会の出場…

 以前この欄で書いた地区軟式野球大会の出場チームの中で、最も弱いのではないか? と自他共に認める筆者が所属する「みつばち組」と、とんねるクラブのいわゆる「最弱決定戦?」が1月31日、初めて実現した▼十数年前に40歳の壮年入りを機にチームを結成して以来、対戦を切望しながら、くじ運に恵まれず、これまで一度も当たることが無かった一戦だ▼結果は、みつばち組が最終回の五回、7対6でとんねるクラブに逆転勝ち。栄えある?「最弱」の称号はとんねるクラブの頭上に輝いた▼だが、試合内容は、予想に反して両チームとも比較的エラーも少なく、打撃も好調。数多くの長短打が飛び出す打撃戦となり、逆転に次ぐ逆転で適度な緊張感もある、なかなか楽しい試合となった▼みつばち組は昭和38年生の大浜地域在住の同級生、とんねるクラブは同39年生の八商工の同級生チーム。年齢も近く、野球未経験者も多いというチーム事情も似た境遇。これからも良きライバルとして対戦を重ねたい相手だ▼会場となったバンナ公園のお祭り広場は両翼70㍍。市営野球場などより約30㍍狭く、打球が外野を抜けても十分対応できる広さ。走力、持久力、遠投力に衰えがみえ、本球場の広さを持て余す実年にとっては、周囲の緑とともに絶好の環境だ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム