八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

学力向上へ認識新た4団体が実践報告 教育功労で9個人1団体表彰

教育功労で9個人1団体が表彰された「いしがき教育の日」行事=1月31日午後、市民会館大ホール

教育功労で9個人1団体が表彰された「いしがき教育の日」行事=1月31日午後、市民会館大ホール

いしがき教育の日 家庭・地域との連携不可欠

 市民全体で教育について再考する「いしがき教育の日」の行事(主催・同推進委員会、市学力向上推進委員会、市教育委員会)が1月31日午後、石垣市民会館大ホールであり、教育に功労のあった9個人1団体を表彰したほか、学力向上推進校などの実践報告を通して成果を確認した。会場には学校関係者や保護者らが多数訪れ、学力向上に向けたそれぞれの役割について認識を新たにした。

 開会式で市教委の仲山久紀教育委員長は「子どもたちの成長には家庭や地域の教育力、学校教育との連携が不可欠。『いしがき教育の日』が市民に定着し、全体で教育への取り組みが推進されることを心から願う」とあいさつ。

 中山義隆市長は「教育環境が整っても何より重要なのは教師。自己研さんに励み、子どもたちの頭や心、体をしっかり鍛えてほしい」と激励した。

 報告会では、市教委学校指導課、学力向上推進校の八島小と伊原間中、道徳教育推進校の大浜小、冠鷲プロジェクト実践団体の平真小マーチングバンドレインボーがそれぞれ発表。

 伊原間中の上原徹哉教諭は基礎力テストや補習指導、1分間スピーチなどの取り組みを報告、成果として▽意欲的に学習に取り組む姿勢が身に付き、向上心を確認できた|ことなどを挙げる一方、▽個に応じたきめ細かな指導の充実▽職員間の連携を図る時間の確保|などを課題とした。

 放課後のすきまの時間を活用して学習を支援するマーチングバンドレインボーの前津秀一郎父母会長は「勉学と部活の両立ができたこと、家庭内で子どもとの会話が増えたこと、経済的負担が軽減されたことなど、すべてに効率のいい学力向上推進事業と認識している」と述べた。

 受賞者は次の皆さん。

 【個人】尾崎まさ江、浦山秀二、浦崎泰弘、池田元、宮里秀子、太田義彦、山根清美、島仲玲子、浦内桜【団体】地域の子みまもりたい石垣字会

  • タグ: いしがき教育の日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム