八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

お魚まつりに大勢の人出 近海魚の地産地消を

大勢の人たちでにぎわう第14回お魚まつり=1月31日午前、八重山漁協荷さばき施設

大勢の人たちでにぎわう第14回お魚まつり=1月31日午前、八重山漁協荷さばき施設

八重山漁協

 第14回お魚まつり(石垣市登野城・新栄町・新川・八島町漁業集落協定主催)が1月31日、八重山漁協荷さばき施設で開かれ、親子連れなど大勢の人たちでにぎわった。

 近海で漁獲される海産物の展示・即売などを通して地産地消を推進するのが狙い。今回は、近海魚のレシピ集「おさかな女子レシピ」(県水産課作成)を500部印刷して配布、魚食の普及を図った。

 鮮魚などを通常より安く提供したほか、もずくのつかみ取り、マグロの解体ショー&無料配布、セーイカ(ソデイカ)の無料配布、おさかなタッチプールなどを設け、各コーナーには長い列ができた。

 長男の凛太郎ちゃん(2)と訪れた加藤勇樹さん(38)=登野城=は「マグロを買いたかったので来た。地元の魚は種類がいっぱい。そのままの形で売られているので子どもも喜ぶ。もっと頻繁に開催してほしい」と話した。

 同まつりは、国の離島漁業再生支援交付金を活用して年1回、八重山漁協の青年部(池田福剛部長)、女性部(徳久山州子部長)が中心となって開催している。

  • タグ: お魚まつり八重山漁協
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム