八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ことし初のクルーズ船が寄港

大川パナパナ会から伝統楽器「四つ竹」を渡され、踊りに加わる台湾人観光客の男性=27日午後、石垣港F岸壁

大川パナパナ会から伝統楽器「四つ竹」を渡され、踊りに加わる台湾人観光客の男性=27日午後、石垣港F岸壁

ミス八重山南十字星の大泊祥子さんから花束を受けるペダー・ニルソン船長(左)=27日午後、石垣港F岸壁

石垣港 1700人が来島

 スタークルーズ社のスーパースターアクエリアス号(総㌧数5万1039㌧)が27日午前、台湾基隆から石垣港に寄港した。ことし最初の外航クルーズ船の寄港となり、乗員乗客約1700人が石垣島と竹富島で観光を楽しんだ。ア号は12月28日まで59回の寄港を予定している。(8面に関連)

 同港F岸壁では石垣市による歓迎セレモニーが行われた。大川パナパナ会(玉代勢光子会長)の10人が踊りを披露、ミス八重山南十字星の大泊祥子さんがペダー・ニルソン船長に花束を贈呈した。

 漢那政弘副市長は「寄港時はたくさんの観光客で島の活性化につながる。島の自然や文化を満喫してほしい」と歓迎。ニルソン船長は「ダイビングポイントが有数な石垣島に来ることが出来てうれしい。何度も寄港したい」と喜んだ。

 ア号の乗船客は台湾人観光客がメーン。同日午前11時15分ごろ、石垣港に接岸すると、乗船客は貸し切りバスやタクシー、レンタカーで島内観光などに向かった。同日夜、基隆向け出港した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム