八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

クルーズ船石垣島寄港きょうからスタート 入域観光、前年上回る見込み

石垣島への外航クルーズ船寄港が27日からスタートする。昨年末に寄港したスーパースターアクエリアス号から下船する台湾人観光客=2015年12月30日午前

石垣島への外航クルーズ船寄港が27日からスタートする。昨年末に寄港したスーパースターアクエリアス号から下船する台湾人観光客=2015年12月30日午前

138回の寄港を予定 市はセレモニーで歓迎

 今年の外航クルーズ船の石垣島寄港が、27日のスタークルーズ社の「スーパースターアクエリアス号」(ア号)を皮切りにスタートする。石垣市は、寄港に合わせ同日午後0時から石垣港F岸壁で歓迎セレモニーを行う。今年の定期・不定期クルーズ船の寄港回数は昨年を54回上回る138回予定され、外航クルーズ船による入域観光客も前年の約20万人を上回る見込みだ。

 台湾人旅行客がメーンとなるア号は昨年、石垣港に72回寄港。乗客18万7193人が島内で、観光やショッピングなどを楽しんだ。今年は27日から12月28日まで59回の寄港が予定されている。

 ア号の寄港回数は前年を下回る見通しだが、中国の厦門(アモイ)から宮古島に寄港している「スーパースターリブラ」が7月4日から10月29日までの間で石垣港に34回の寄港を計画している。

 また、コスタクルーズ社(イタリア)が運航し、中国人観光客が中心の「コスタビクトリア」(総㌧数7万5166㌧)が2月7日から14回、プリンセスクルーズ社が運航する総㌧数10万8865㌧の大型客船「ゴールデンプリンセス」(バミューダ国籍)が5月7日から10月22日まで25回寄港する予定となっている。

  • タグ: クルーズ船石垣島寄港入域観光客
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム