八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「設備点検、維持管理に万全を」 権現堂で消火訓練

国の重要文化財に指定されている権現堂で行われた消火訓練=26日午後

国の重要文化財に指定されている権現堂で行われた消火訓練=26日午後

文化財防火デー

 「文化財防火デー」の26日午後、国の重要文化財(重文)に指定されている権現堂=石垣市石垣=で消火訓練があり、管理者や関係者たちが防火体制の強化や火災に対する備えの重要性を再確認した。

 訓練は同日午後2時ごろ、権現堂の拝殿裏手に捨てられたたばこの残り火が風にあおられて枯れ葉に着火し、拝殿裏の土間に入り込んでぼやが発生したという想定で実施。

 火災を発見した清掃員が桃林寺へ連絡し、管理者の小林昌道住職が石垣市消防本部に火災通報装置で通報。小林住職と同本部の隊員が放水銃やポンプ車で消火活動にあたった。

 同本部予防課の大濵安久課長は「火災通報装置による通報だったが、携帯電話でもよかったかもしれない。屋外消火栓の有効活用や、消防用設備の点検と維持管理に万全を期してほしい」と講評。石垣朝子教育長は「訓練を機に、地域住民の防火、防災意識の啓発に努めていきたい」と述べた。

 消火器講習もあり、小林住職や清掃員2人が扱い方について学んだ。

 文化財防火デーは奈良県の法隆寺の金堂が炎上して壁画が焼損したことを受け、国民の文化財愛護に関する意識の高揚を図る目的で1955年に制定された。

  • タグ: 文化財防火デー権現堂
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム