八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島マラソン ボクシングチャンピオンの野上さん・好川さん夫妻が出場

第14回石垣島マラソン大会に出場する野上真司さん(右)と好川菜々さん=22日午後、石垣市新栄町のダイビングショップ

第14回石垣島マラソン大会に出場する野上真司さん(右)と好川菜々さん=22日午後、石垣市新栄町のダイビングショップ

「石垣島からパワーもらう」

 元WBOアジア太平洋スーパーフェザー級チャンピオンの野上真司さん(40)と第3代OPBF東洋太平洋女子ライトフライ級チャンピオンの好川菜々さん(37)夫妻が24日の第14回石垣島マラソン大会に出場する。

 野上さんらは試合後の疲れを癒やし、リフレッシュするため、2年ほど前から石垣島に通っている。今回はメキシコでの試合を終えて石垣島を訪れることにしていたところ、ダイビング仲間の誘いで同大会の10㌔コースに出場することを決めた。

 世界王座獲得に挑戦中の好川さんは「石垣島からいつもパワーをもらっている。その力を世界戦で十分に発揮し、勝利という結果を持って石垣島に戻ってきたい」と抱負。二人は昨年7月7日に入籍しており、好川さんは「夫婦になって初めて一緒に出場するマラソン。景色を楽しみながら走りたい」とリラックスした表情をみせた。

 野上さんは「石垣島の人たちは温かく、いつも優しく迎えてくれる。マラソンを通して地域との触れ合いを楽しみたい」と話した。

 二人は日本ボクシング史上初のチャンピオン夫婦として注目され、大阪府警の2015年度飲酒運転撲滅キャンペーンポスターのイメージキャラクターにも任命された。

 好川さんは14年にプロデビュー3戦目で第3代東洋太平洋女子ライトフライ級に輝き、15年からは世界王座獲得に向けて挑戦中。野上さんは02年にアジア太平洋スーパーフェザー級王座を獲得し、WBO世界スーパーフェザー級では最高位11位。現在はトレーナーとして、好川さんなどを指導している。

  • タグ: 石垣島マラソン大会ボクシングチャンピオン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム