八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

日本一早い田植え始まる 西表、西大舛さんの水田

日本一早い「超早場米」の田植えをスタートさせた西大舛高均さん=20日午前、西表島大富

日本一早い「超早場米」の田植えをスタートさせた西大舛高均さん=20日午前、西表島大富

 【西表】日本一早い「超早場米」の一期米の田植えが20日午前、西表大富の西大舛高均さん(39)の水田で始まった。西大舛さんは一期米のひとめぼれを10㌶に植え付ける計画で、5月下旬の収穫を予定している。

 JAおきなわ八重山地区営農振興センターによると、八重山地区水稲生産部会に加入している稲作農家は約200人。昨年の一期米は植え付け面積約450㌶のうち、水稲として搬入されないもち米やもちきび、農家が保有する自己保有米などを除き、320㌶で約800㌧を収穫。ことしは前年並みの約800㌧の収穫を見込んでいる。

 西大舛さんは昨年12月30日に一期米の種まきを行い、雨が続いたが「暖かかったので、まあまあの出来」という。西大舛さんは「土壌はいいが、あとは気温や日照が気になるところ。肥培管理など、できることをしっかりやっていきたい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム