八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

日本全国を襲った寒波に伴う都心の積雪で…

 日本全国を襲った寒波に伴う都心の積雪で、18日午後から予定されていた「なでしこジャパン」(サッカー女子日本代表)の石垣島初合宿の出ばながくじかれた▼雪の影響で羽田空港のダイヤが乱れ、選手の来島が大幅に遅れたのだ。同日午後3時20分から予定されていた市によるキャンプインセレモニーも急きょ19日朝に延期。練習開始も夕方にずれ込んだ▼参加メンバーはキャプテンの宮間あやや3年連続で石垣島で合宿を行っている大儀見優季など26人。2月29日から始まる6カ国によるリオ五輪最終予選に向け、サッカーパークあかんまで練習に励む▼同施設では昨年12月末にも男子のUー22日本代表が一週間、強化合宿を行っており、冬場の合宿地として、そのポテンシャルの高さがあらためて見直された格好だ▼石垣島は昨年12月上旬から長雨が続き、17日には北西部地区を中心に集中豪雨があり、キャンプ期間中の天気が心配された。だが、18日は一転、キャンプの行方を占うかのように朝から久しぶりの晴れ間が広がった▼本格的な練習が始まる19日も曇りから晴れの予報。気温も20度近くまで上昇する見込みで、雪となった東京との環境の違いを体感できそうだ。願わくば、今回を機に2020年の東京五輪向け、石垣島キャンプの定着を期待したい。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム