八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょう「ムーチー」

カーサームーチーが陳列された特設コーナー=16日午後、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場

カーサームーチーが陳列された特設コーナー=16日午後、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場

月桃の香り店内包む

 17日は旧暦12月8日の「ムーチー(鬼餅)」。邪気払いと家族や子どもの無病息災、健康長寿などを祈願する習わしで、月桃の葉に包んだもちを仏壇や神棚に供える。

 この時期の厳しい寒さは「ムーチービーサ(鬼餅寒)」と呼ばれる。石垣島地方気象台によると、14日に与那国島でことし最低の15・3度を観測。寒さは15、16日には少し和らいだが、東シナ海の低気圧から延びる前線が八重山地方を通過する後の17日夕以降、大陸高気圧の寒気の影響で気温の低い日が続く見込み。

 ムーチーを前に、石垣市内のスーパーや商店では16日、月桃の葉に包まれたカーサームーチーを販売する特設コーナーが設けられ、店内にはもちと月桃の甘い香りが漂っていた。

 このうち、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場(本若展充店長)では、白もちや黒糖、紅芋、ヨモギなどのカーサームーチーが並び、買い物客が手に取っていた。買い物客の50代女性は「いろんな種類があっておいしそう。家族と一緒に食べて無病息災を祈願したい」と話した。

  • タグ: ムーチー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム