八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台湾・ラミゴと交流戦 千葉ロッテ

千葉ロッテマリーンズとの交流戦に向けての意気込みを語るラミゴ・モンキーズの浦韋青副代表(手前)=14日午後、市中央運動公園野球場1階会議室

千葉ロッテマリーンズとの交流戦に向けての意気込みを語るラミゴ・モンキーズの浦韋青副代表(手前)=14日午後、市中央運動公園野球場1階会議室

新春花火も打ち上げ

 千葉ロッテマリーンズの春季キャンプ期間中に交流戦を行う台湾のプロ野球チーム、ラミゴ・モンキーズの浦韋青(プ・ウェイチン)副代表が14日午後、市中央運動公園野球場で会見し、「ラミゴは人気と実力を兼ね備え、台湾のプロ野球を代表する選手も多く所属している。(チアガールズの)『ラミガール』など特色ある応援もそのまま石垣島に持ち込む。楽しんでもらいたい」とPRした。

 同交流戦は「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2016」として2月13、14の両日、午後1時から同球場で行う。開場はともに午前11時。チケット料金は内外野一律の500円で、2月1日から同球場のキャンプ総合案内所で販売を開始する。

 13日の試合終了後には夏川りみさんと、ラミゴの応援ソングを歌うFireEX(ファイアーエックス)のミニライブなどが予定している。

 ラミゴは台湾北部の桃園に本拠地を置き、2014、15シーズンで2年連続の台湾王者。「ラミガールズ」の華やかな応援でチームを盛り上げる。

 台湾プロ野球は3~9月がペナントレースで日本プロ野球とほぼ同じスケジュール。同交流戦の2月中旬は例年は紅白戦や練習試合でシーズン開幕に備えている時期。

 同交流戦は台湾で連休となる旧正月(春節)に近い時期の開催。市は同交流戦で多くの台湾人観光客の来島を見込み、13日夜には1500発の花火を打ち上げる「石垣島新春花火」を実施。ラミガールズも参加する「街コン」や、やいま石垣さんばしマーケットを企画している。

  • タグ: 千葉ロッテマリーンズ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム