八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

16年観光客125万人 YVBが目標値設定

観光客で混雑する南ぬ島石垣空港。YVBの執行運営委員会は今年の入域観光客数目標値を125万人にすることを確認した=2015年9月23日(資料写真)

観光客で混雑する南ぬ島石垣空港。YVBの執行運営委員会は今年の入域観光客数目標値を125万人にすることを確認した=2015年9月23日(資料写真)

県の予測を参考

 八重山ビジターズビューロー(YVB、会長・中山義隆石垣市長)は12日午後、市商工会館ホールで執行運営委員会(高嶺良晴委員長、委員20人)を開き、今年の八重山入域観光客数の目標数値を125万人とすることを確認した。同運営委は今後、昨年の入域客数の実績を参考にしながら中山会長に提案する方針。委員からは賛否両論があったが、高嶺委員長は「今年の観光を前向きにとらえる数値にしたい」として目標値を設定した。最終的には中山会長が決定する。

 目標値は、県八重山事務所が今年の観光入域客数予測として算出した①台風の影響が昨年並みの場合(119万1631人)②同影響が昨年の半分の場合(122万3014人)③同影響がない場合(125万4207人)の3パターンを参考に設定した。

 県によると、125万人が来島した場合の観光消費額は663億円以上を見込んでいる。

 一方、YVBは昨年の目標値を120万人に設定。実績は約110万人に留まる見通しで、委員からは「昨年の目標値を達成できていない。数字を追いすぎている」などの慎重論や、「外的要因がなければ現実的な数字。チャレンジすべきだ」などと賛同する意見があった。

 高嶺委員長は「好調な八重山観光の勢いを持続させ、現状の上積みに努力したい。正式決定ではないが、会長の判断材料にしたい」と述べた。

  • タグ: 入域観光客数八重山ビジターズビューロー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム