八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平得公民館種子取祭 五穀豊穣と村の繁栄祈願

平得公民館の種子取祭で、「種子取節」を奉納する平得婦人会=10日午前、大阿母御嶽

平得公民館の種子取祭で、「種子取節」を奉納する平得婦人会=10日午前、大阿母御嶽

伝統の「カタバル馬」が観客を楽しませた平得公民館の種子取祭=10日午前、大阿母御嶽前

カタバル馬など奉納

 ことしの五穀豊穣(ほうじょう)と地域住民の繁栄や無病息災を願う平得公民館(田村秀光館長)の種子取祭が10日午前、大阿母御嶽などで行われ、伝統の「カタバル馬」などを奉納した。

 五穀の種子伝来の地とされる多田浜御嶽で、神司らが早朝からユーニガイ(世願い)を行った後、午前9時半ごろからは大阿母御嶽前で奉納踊りを披露。婦人会の「種子取節」に続き、老人クラブの「木遣(や)り~ヨイシンヨイシン~」、平真小学校マーチングバンドレインボーの演奏、各班の芸能、青年会の余興などがあった。

 最後には「カタバル馬」があり、平得愛馬会(新本新市会長、会員13人)のメンバーらが大阿母御嶽前で馬を軽やかに走らせ、観客を楽しませた。

 田村館長は「ミルク世果報の神を迎えることができた。ことしの豊年と地域住民の繁栄、無病息災を願いたい」とあいさつした。

  • タグ: 種子取祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム