八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今年1年の交通安全祈願 冨崎観音堂に100人集う

交通安全地蔵に向かって参拝する中山義隆市長、前田達史署長、野原裕佳交通安全協会長ら(左から)=7日午前、冨崎観音堂

交通安全地蔵に向かって参拝する中山義隆市長、前田達史署長、野原裕佳交通安全協会長ら(左から)=7日午前、冨崎観音堂

 八重山地区交通安全協会(野原裕佳会長)は7日午前、石垣市新川の冨崎観音堂で交通安全祈願を行い、八重山署や石垣市交通安全推進協議会など関係団体約100人が本堂と交通安全地蔵に今年1年の交通安全を願った。

 野原会長は「皆さんの願いが通じて、1件でも交通事故が減ることを期待し、心新たに交通安全活動に取り組みたい」とあいさつ。

 八重山署の前田達史署長は「昨年は4件の死亡事故、111件の人身事故があった。ドライバーや歩行者の交通安全に対する意識を高めることが重要」と述べた。

 この後、交通安全広報駅伝を実施。舟蔵公園から八重山署までの14区間5.1㌔を参加者が安全運転を呼びかけながらタスキをつないだ。

 全区間を走り抜いた中山義隆市長は「今年1年の安全を願いながら走った。24日の石垣島マラソンに向けいい練習になった」と笑顔をみせた。

地図
  • タグ: 交通安全祈願八重山地区交通安全協会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム