八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市内3カ所の御嶽整備 宇部(平得)、安居(真栄里)は拝殿改修

上から真栄里の安居御嶽、平得の宇部御嶽、石垣の宮鳥御嶽

上から真栄里の安居御嶽、平得の宇部御嶽、石垣の宮鳥御嶽

宮鳥御嶽は外周塀を整備 一括交付金活用で473万円

 石垣市は字石垣の宮鳥御嶽、平得の宇部(うぶ)御嶽、真栄里の安居(あんぐん)御嶽の改修・整備に向けた市亜熱帯都市公園整備構想を作成、事業化に向けて地域との調整を進めている。宇部御嶽と安居御嶽では拝殿(お宮)の改修も検討。宮鳥御嶽の拝殿は市の有形民俗文化財に指定されているため、外周のブロック塀を石積みに整備する構想となっている。

 3カ所の御嶽は都市計画上の都市公園と位置づけられており、市は各御嶽を公園として整備する方向で2013年度の沖縄振興特別交付金(一括交付金)事業で473万円を投じて同構想を作成。

 宇部御嶽は拝殿の改修とトイレの設置を検討。御嶽内の高木を残したまま、園路や石積みも整備する計画。安居御嶽も同様の内容で、地域の要望に沿って西側に高木を配置、豊年祭で活用できるように倉庫やあずまやも整備する内容。

 このうち、安居御嶽の整備に向けて、市都市計画審議会(我喜屋隆会長、委員14人)は22日に公園区域の縮小を決定。これを受けて市は年明けに県と調整し、19年度の事業化に向けた取り組みを進めていく。

 同課の鹿川栄伸施設係長は「まだ構想の段階だが、地元公民館や地権者をはじめ、御嶽の神司や氏子とも調整を図り、要望に沿って事業化を図っていきたい」と話した。

  • タグ: 御嶽整備一括交付金
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム