八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

U−22日本代表ら石垣島入り 空港で関係者ら出迎え

大勢の市民の出迎えを受けるサッカーU−22日本代表メンバーら=22日午後、南ぬ島石垣空港の到着ロビー

大勢の市民の出迎えを受けるサッカーU−22日本代表メンバーら=22日午後、南ぬ島石垣空港の到着ロビー

サッカーリオ五輪最終予選 きょうから強化合宿

 サッカーU−22日本代表のメンバーやスタッフら36人が強化合宿のため22日午後、空路石垣入りした。23日から30日までの8日間、サッカーパークあかんまで午前と午後、トレーニングに励む。

 南ぬ島石垣空港の到着ロビーには、サッカー関係者や子どもたち、居合わせた観光客など約50人が選手らを出迎えた。

 合宿は来年1月12日にカタールで開幕するリオデジャネイロ五輪の最終予選を兼ねたU−23アジア選手権に向けたチームの強化が目的。

 18日に発表された21人の代表メンバーのうち、南野拓実(ザルツブルク)ら7人を除く14人と、残り2人の代表枠を争う10人のバックアップメンバーが参加する。

 石垣市観光文化スポーツ局の大得英信局長は「芝や施設など完璧ではないが、精いっぱい努力して整えてきた。選手の皆さんにはいいコンディションで練習してほしい。(合宿中の)天候だけが気がかり」と話した。

  • タグ: サッカーU−22日本代表サッカーパークあかんま
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム