八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

公園面積の縮小を承認 あんぐん公園の整備着手へ

あんぐん公園の面積縮小について意見を交わした石垣市都市計画審議会=22日午前、市水道部会議室

あんぐん公園の面積縮小について意見を交わした石垣市都市計画審議会=22日午前、市水道部会議室

石垣市都市計画審議会

 石垣市都市計画審議会(我喜屋隆会長・委員14人)が22日午前、市水道部会議室で開かれ、市内真栄里の「あんぐん公園」の面積縮小を承認した。市都市計画課では都市計画変更後、用地取得を経て17年度から公園内のお宮の改修や石積み、トイレ、園路などの整備に着手する考え。

 同公園は真栄里公民館の豊年祭(オンプール)の会場となっている「安居(あんぐん)御嶽」の周辺広場。

 1977年に0.46㌶を公園区域として都市計画決定したが、公図と筆界がずれており、一角に建造物があることからこの日の審議会では現状に合わせて都市計画を0.40㌶に縮小することを決めた。

 委員からは「トイレの管理について地域と調整するべきだ」「今後、各地域の御嶽のある公園の整備をどのようにしていくのか」と意見もあった。

 同課では今後、都市計画の変更に向け県と協議し、来年1月下旬には都市計画決定の告示を行う。

  • タグ: 石垣市都市計画審議会あんぐん公園
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム