八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重高、21世紀枠候補に 日本高野連

来春の選抜大会に出場する21世紀枠候補の九州地区推薦校に決定した八重山高校=11日午後、同校グラウンド

来春の選抜大会に出場する21世紀枠候補の九州地区推薦校に決定した八重山高校=11日午後、同校グラウンド

1月29日に3校選出

 八重山高校が11日午後、来春の第88回選抜大会(日本高野連など主催、3月20日開幕、甲子園球場)に出場する21世紀枠候補校の九州地区推薦校に決まった。最終選考は来年1月29日に行われ、同じ離島にある香川県立小豆島高(四国)など全国9地区から推薦のあった9校のうち3校を選ぶ。

 日本高野連によると、九州地区選考会では最終的に八重高と大分県立臼杵高に絞られ、沖縄と大分の両県高野連理事長が最終プレゼンを行った結果、八重高は校舎改築で1年半グラウンドが満足に使用できなかった状況や甲子園出場経験がないことなどが決め手となり、選ばれた。

 友利有也主将は「推薦されるとされないとでは大きな違いがある。レベルアップして全国で勝てるチームにならないといけない。県や九州で認められて推薦してもらった」と語った。

 仲里真澄監督は「自分たちは待つことしかできない。夢に一歩近づいたのは現実だが、全国で勝てるチームが目標。地に足をつけて謙虚にいきたい」と述べた。

 父母会の仲山久紀会長は「待ちに待っていたことだ。選手が練習に打ち込めるように静かに見守りたい」と話した。

 最終選考では9校から東日本1校、西日本1校、地域を問わないその他から1校を選ぶ。八重高が選ばれる場合、西日本の1校か、地域を問わないその他の1校のいずれか。

 小豆島高は生徒283人。2017年度に島内の別の1校と統合することが決まっている。

 最終選考に残った9校は次の通り。

 札幌清田(北海道)▽岩手県立釜石(東北)▽埼玉県立上尾(関東)▽長野(北信越)▽三重県立宇治山田(東海)▽兵庫県立長田(近畿)▽島根県立出雲(中国)▽香川県立小豆島(四国)▽八重山(九州)

  • タグ: 八重山高校21世紀枠選抜大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム