八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

琉球弧の若者が一堂に 青年文化発表会に11団体

舞台の幕開けを飾った平得青年会の「鶴亀節・矼ゆば節」=5日夜、石垣市民会館大ホール

舞台の幕開けを飾った平得青年会の「鶴亀節・矼ゆば節」=5日夜、石垣市民会館大ホール

 「琉球弧の青年芸能祭」をテーマにした石垣市青年団協議会(宮城光平会長)の第29回青年文化発表会が5日夜、市民会館大ホールで開かれ、市内の7団体と奄美、沖縄市、宮古、西表の4団体が一堂に会し、伝統舞踊や郷土芸能、創作エイサーなどを披露した。琉球弧の青年たちが繰り広げる活気あふれるステージに、会場からは大きな拍手が起こった。(3面に写真特集)

 11月に奄美大島で開催された「仮面の世界in奄美」に平得青年会が八重山代表として出演したことをきっかけに、奄美群島青年団連絡協議会と交流が深まり、今回の青年文化発表会に招いた。沖縄市胡屋青年会と宮古島市青年団協議会、竹富町西表青年会も参加した。

 発表会は2部構成で行われ、第1部は平得青年会の「鶴亀節・矼ゆば節」で幕開け。西表青年会の「ウヨンダ」、大浜青年会の「まるま盆山・殿様節」と続き、双葉青年会の「創作エイサー」では、ダイナミックな演舞で観客を楽しませた。

 奄美群島青年団連絡協議会は伝統の「八月踊り」で第2部の幕開けを飾り、琉球音階とは異なる三線やチジン(島太鼓)に合わせた踊りで会場を沸かせた。胡屋青年会の「胡屋エイサー」と宮古島市青年団協議会の「三線弾き語り」もあった。

 第2部の最後は、大浜青年会の「新川大漁節」でにぎやかにフィナーレを締めくくった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム