八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市有地以外を除外 国立公園変更案で環境省

久宇良地区の嘉良川流域に自生するサガリバナ群落。市有地16㌶を第1種特別地域に編入することで群落の約6割をカバーできるという(環境省提供)

久宇良地区の嘉良川流域に自生するサガリバナ群落。市有地16㌶を第1種特別地域に編入することで群落の約6割をカバーできるという(環境省提供)

市の申し入れで修正

 ゴルフ場付き久宇良リゾート開発計画予定地内にある嘉良川流域28㌶を規制の厳しい第1種特別地域として西表石垣国立公園に編入する環境省の変更案に、久宇良公民館(村山雅庸館長、12世帯)が「開発の可能性がなくなる」として反対していた件で、同省は2日までに28㌶のうち市有地16㌶のみを残し、民有地12㌶を除外する修正案をまとめた。隣接地で予定していた第3種特別地域27㌶も外した。

 同省は11月30日、石垣市から修正の申し入れを受けて対応。これにより、ゴルフ場開発予定地は市有地を除いて残されたことになり、11月26日に中山義隆市長と面談した村山館長は「ゴルフ場建設の可能性は残すということだったので、これからも市には実現に向けて協力してもらいたい」と要望した。

 嘉良川流域はサガリバナの大群落が自生しており、同省によると、市有地16㌶で全体の6割をカバーできるという。同省那覇自然環境事務所石垣自然保護官事務所の若松徹上席自然保護官は「今後、地域と話し合いながら保護と利用の方法を模索していきたい」と話している。

 今回の変更案は、国立公園を西表島全域に広げるほか、石垣島では嘉良川流域(第1種)、平久保川流域34㌶(第3種)を編入するもの。西表島の集落地域は規制の緩い普通地域となる。

 西表島の全域化は奄美大島や徳之島、沖縄本島ヤンバルを含めた世界自然遺産登録を見据えた保護担保措置で、登録に向けた第1歩となる。

 修正案が固まったことを受け、環境省は来年2月下旬に中央環境審議会(委員6人)に諮問、答申を得た後、4月までに官報で公示する予定だ。

  • タグ: 西表石垣国立公園サガリバナ嘉良川
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム