八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

甲斐、與那嶺教諭(古見小)を表彰 長年の取り組み評価

教育活動の功績で第1回琉球新報教育賞を受賞した與那嶺隆男氏(右)と甲斐静佳氏=11月30日夜、パシフィックホテル沖縄

教育活動の功績で第1回琉球新報教育賞を受賞した與那嶺隆男氏(右)と甲斐静佳氏=11月30日夜、パシフィックホテル沖縄

琉球新報教育賞

 【那覇】琉球新報社の創刊120年を記念し創設された第1回琉球新報教育賞・PTA賞の贈呈式が11月30日夜、那覇市内で行われ、竹富町立古見小教諭の甲斐静佳氏(44)と與那嶺隆男氏(39)が教育賞を受賞した。

 甲斐教諭は「学校長や関係者の支えがあり受賞できた、この賞を励みに今後も精進したい」、與那嶺教諭は「名誉ある賞をうれしく思う。子どもたちの活動を支えた地域の皆さんに感謝したい」とそれぞれ述べた。

 両教諭が勤務する古見小は、全児童数12人の小規模校で低、高学年の複式学級で運営。課外活動の中でも特に「チョウの観察と保護」の取り組みは1994年から22年間続き、環境教育として児童の感性を育んでいる

 両教諭は赴任後、チョウの検定や過去の調査結果と比べた発表を実施。その成果で全国野生生物保護実践発表会や全国こども科学映像祭などで表彰されるなど、自主性や発表力を高める取り組みが高い評価を受けて教育賞受賞が決まった。今回は、教育賞が小中高と幼稚園の教諭7人、PTA賞を1団体と1個人が受賞した。

  • タグ: 琉球新報教育賞・PTA賞古見小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム