八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

陸自の受け入れを要請 500~600人規模

防衛省が示した陸上自衛隊配置先候補地

防衛省が示した陸上自衛隊配置先候補地

若宮防衛副大臣 市長「議論を深め結論」 駐屯地候補に開南地区

 若宮健嗣防衛副大臣は26日午後、中山義隆石垣市長を訪ね、石垣島に500~600人規模の陸上自衛隊を配備する方針を説明し、受け入れを要請した。中山市長は南西諸島における安全保障や自衛隊のあり方、防衛・防災上の自衛隊の必要性に理解を示した上で「議会や市民の皆さんと話をしながら自衛隊配備を受け入れるのか、受け入れないのか議論を深め、結論・判断を出したい」と述べた。回答時期については「明確な時期はコメントできない」としている。

 防衛省の説明資料によると、配備先候補地は石垣島のほぼ中心部、開南集落西の市有地でジュマールゴルフガーデン南側。配備するのは警備、地対空ミサイル、地対艦ミサイルの3部隊で隊庁舎やグラウンド、火薬庫、射撃場を整備する。

 若宮副大臣は中山市長に対し、与那国島や宮古島への陸自配備計画を説明し「中国公船の尖閣諸島への領海侵犯が常態化している状況にある」「先島諸島における警備部隊の空白を可能な限り早く解消したい」と理解を求めた。台風など大規模災害への備えとしても配備は必要とした。

 中山市長は台風被災時の復旧作業員を自衛隊機で運搬した経緯を説明し「防災上、これまでの(自衛隊の)尽力に関しては十分に住民も理解していると思う。東シナ海を含めて地域を取り巻く(安全保障)環境が厳しくなっている事実も理解している」と述べた。

  • タグ: 自衛隊要請
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム