八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新八重山病院、再入札不調 17年度開院の遅れ懸念

 【那覇】新八重山病院の建築工事の入札で、9月の不成立に続いて25日に行われた2回目は1社も入札がなく、再び不調となった。2017年度の開院が遅れるのではないかと懸念され、県病院事業局は「ゆとりがない状況だが、今のところ開院時期の変更はない。何が問題なのか、業者との話し合いを通して対策を急ぎたい」としており、年明けの早い時期に契約完了を目指す考え。

 2度にわたる入札の不調は、工事の予定価格をめぐり、発注者の県と業者の間に開きがあることが原因とみられている。同事業局は「どれくらい価格に開きがあるのか。業者からのヒアリングなどを通して内容を分析したい」としている。

 県は、本島から石垣市に職人を呼んだ場合に生じる費用の増加分について、契約後であっても対応する方針を業者側にあらためて説明するなどして、入札不調が続く状態を打開したい考え。

 新八重山病院の総工費は約100億円。このうち建築工事費は64億円で、4工区に分けて発注する。工期は2年間を見込み、9月の入札不調によって工期の開始時期は当初の10月から12月にずれ込んでいた。設備工事は9月に契約を結び、当初は10月から行う予定だったが、建築工事が遅れているあおりで工事はストップしている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム