八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

漂流ポストの旅を演劇に

南三陸町演劇チーム「おらほの劇場」のメンバー=21日午前、西表島北東部のユツン川河口付近

宮城県三陸町の劇団メンバー
西表島の漂着地を訪問

 2011年3月11日の東日本大震災で宮城県南三陸町歌津から流され、約2400㌔離れた西表島に漂着した後、ふるさとに戻ってきた郵便ポストの旅を、演劇「おけーり うたつのポストくん」に仕立てた同町の演劇チーム「おらほの劇場」のメンバー8人が21日午前、ポストが流れ着いた西表島ユツン川河口付近の海岸を訪れた。22日の石垣島公演を前に、ポスト役を務める高橋未來さん(28)は「戻ってきたポストの中は空っぽだったが、いろいろな人の思いを持って帰ってきてくれた」と感謝、公演でポストの思いを代弁する。

 ポストは、コンビニエンスストア「セブンイレブン宮城歌津店」に設置されていたもの。津波で流された後、12年12月28日にユツン川河口付近で発見された。翌13年8月11日に帰郷したポストの無事を祝い、BEGINが中心となって毎年、「あげぇポストのたびまつり」を開催している。

 震災前、ポストをよく利用したという佐藤裕さん(22)は「歌津では四角のポストは珍しく、戻ってきたときにすぐあのポストだと分かった。道のない海の上を歌津からここまでやってきた」と感慨深げ。

 ポストの上に缶コーヒーを置き、よく友人らと会話していたという宮川賢司さん(41)は「ポストがあるのは日常の風景だった」と思い出に浸った。

 千葉裕美さん(29)は「津波で多くのものが奪われたが、ポストが戻ってきてくれた。ポストは皆に『もしかしたら』という希望を与えてくれた」と話した。

 ポストを保管していた西表島エコツーリズム協会によると、ポストは船などと同じ繊維強化プラスチック(FRP)製で、郵便物は入っていなかった。

  • タグ: 漂流ポスト
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム