八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

翁長克子さんの「歌の翼」映画挿入歌に決まる

「歌の翼」を映画の挿入歌に使うことを話すハン・サンヒ監督(左)と歌手の翁長克子さん=15日午前、市内の映像会社「DREAM SKY」

「歌の翼」を映画の挿入歌に使うことを話すハン・サンヒ監督(左)と歌手の翁長克子さん=15日午前、市内の映像会社「DREAM SKY」

日韓合作石垣島オールロケ ハン監督「島の曲を」

 8月に石垣島でオールロケを行った日韓合作映画「絶壁の上のトランペット(仮題)」(ハン・サンヒ監督)で、翁長克子さん(60)=石垣市=のオリジナル「歌の翼」が挿入歌として使われることになった。翁長さんは9月10日にCDデビューしたばかり。撮影を担当した地元スタッフが「歌の翼」をハン監督に推薦、ハン監督が「(同映画では)音楽も島出身者の曲を使いたいと考えていた。『歌の翼』は映画のワンシーンにぴったりだった」と採用を決めた。

 プライベートを兼ねて石垣島を訪れていたハン監督が15日、撮影を担当した地元の映像会社で明らかにした。

 翁長さんは「まだ実感はないが、映画を通じ、世界に私の歌が流れることは光栄で、とてもうれしい」と喜びを語った。

 同映画は心臓移植手術を受け、療養のため沖縄の島(石垣島)を訪れたヒロインの周辺で起こるヒューマンストリーを描く。御神埼や吉原ビーチ、米原などでロケを行った。ヒロインの子役のオーディションをはじめ、エキストラなどに市民が多数参加している。

 現在編集作業が進められており、来年春に日韓両国で公開予定。

 
  • タグ: 翁長克子歌の翼映画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム