八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国島一周マラソン大会 537人が完走

午後1時、ゲートを飛び出す25㌔の出場者たち=14日午後、与那国中グラウンド

午後1時、ゲートを飛び出す25㌔の出場者たち=14日午後、与那国中グラウンド

男子25㌔村松が3連覇 同女子は東濵2度目のV

 第23回日本最西端与那国島一周マラソン大会(与那国町主催)は14日午後、与那国中学校をゴールとする25㌔と10㌔のコースで行われた。過去最多の申込者703人に対し、計537人が与那国島の景色を楽しみながら完走。沿道には子どもたちら住民が繰り出し、島内はマラソン一色。レースは25㌔男子で村松稔(38)=与那国=が3連覇で通算8度目のV。同女子では東濵リエ(51)=与那国=が第18回大会以来2度目の優勝を飾った。

 大会は正午から与中体育館で開会式を行った後、祖納青年会(川越義希会長)のメンバーが場を清める「ンヌン」を行い、勇壮な太鼓で参加者の安全と完走を祈願した。

 25㌔コースは与那国中グラウンドを午後1時に出発。数人で先頭集団をつくったが、中間地点付近で村松が抜け出し、他を引き離した。タイムは1時間37分49秒。

 女子は出発時から東濵が飛び出し、最後までトップをキープ、2時間12分46秒でテープを切った。

 10㌔は西崎灯台を午後1時半にスタート。男子は初出場の具志堅和人(30)=西原町=が37分18秒、女子は金井瑠都(35)=与那国=が49分08秒でそれぞれ初優勝を飾った。

 この日は、心配された雨はなかったが、気温26・5度、湿度82%に上昇。ジョガーにとっては蒸し暑いコンディションとなった。集落の沿道や給水ポイントで住民らの後押しを受けた。

 与那国中体育館で行われた表彰式では、各部門の優勝者が場内をパレード、トロフィーを高々と掲げ、大きな拍手で祝福を受けた。ふれあいパーティーも行われた。

  • タグ: 与那国島一周マラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム