八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

21世紀枠、県推薦は八重高

センバツ甲子園21世紀枠の沖縄県推薦校に決まった八重高野球部=10月24日、鹿児島県立鴨池野球場

センバツ甲子園21世紀枠の沖縄県推薦校に決まった八重高野球部=10月24日、鹿児島県立鴨池野球場

来月初旬に九州枠決まる センバツ高校野球

 第88回選抜高校野球大会21世紀枠の沖縄県推薦校について、県高野連(神谷孝会長)は10日の理事会で八重山高校を決定した。九州地区高野連が12月初旬に八重高を含む九州各県推薦の8校から1校を決定、全国高野連などが来年1月29日、全国9地区の推薦校から東日本1校、西日本1校、地域を問わないその他から1校を選び、出場32校(一般選考28、21世紀枠3、神宮大会枠1)を発表する予定だ。

 八重高が選ばれる場合、西日本の1校か、地域を問わないその他の1校のいずれかとなる。

 八重高は8月の県高校野球新人大会、10月の同秋季大会で優勝。10月の九州大会では2回戦を突破し、3回戦で秀岳館(熊本1位)に1ー8で敗れた。その後、秀岳館は初優勝している。

 県高野連事務局によると、八重高は県大会と九州大会での実績に加え、離島校や文武両道なども評価の対象となった。

 友利有也主将は「県高野連から認めてもらったことはうれしい。ただ、自分たちで(出場を)決められるものではないので、しっかりと冬のトレーニングで体を鍛え、レベルアップしていきたい」と話した。

 仲里真澄監督は「県大会であろうと全国大会であろうと、全国レベルで勝負できるチームをつくるのが冬のテーマ。全国レベルにならないと、その先はない。選手たちは自分たちでメニューを考え、一生懸命練習している」と語った。

  • タグ: センバツ甲子園21世紀枠
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム