八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「健さんありがとう」俳優高倉さんを偲ぶ

高倉健さんから贈られた双眼鏡を手にする児童ら=10日午前、富野小中学校

高倉健さんから贈られた双眼鏡を手にする児童ら=10日午前、富野小中学校

富野小中

 昨年11月10日に他界した俳優の高倉健さんと交流のあった富野小中学校(宮良信浩校長、児童生徒14人)では高倉さんの命日に当たる10日午前、全児童生徒が参加して「高倉健さんを偲(しの)ぶ会」を開いた。

 児童生徒と職員が1分間の黙とうをささげた後、職員が高倉さんと同校との出会いや高倉さんとの交流をスライドで紹介したほか、高倉さんからの手紙や著書、双眼鏡などが展示された。

 比嘉海七斗(みなと)君(小2)は「漢字が読めるようになったら、高倉さんの書いた本を読んでみたい」と話した。

 高倉さんは1999年に石垣島をドライブ中、偶然立ち寄った同校の運動会に感激し、自身のラジオ番組で紹介した。後日、双眼鏡やラジオのテープと共に手紙が同校に届き、交流が始まった。高倉さんは著書『南極のペンギン』でも、同校の運動会を「世界に誇りたい運動会」と絶賛した。

地図
  • タグ: 優高倉富野小中学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム